行政・他団体情報等

【日事連】[国交省]建築基準法の告示を改正(一定規模の緩勾配屋根の積雪荷重を強化)のお知らせ

(政令等)
○一定規模の緩勾配屋根について、積雪後の降雨も考慮し積雪荷重を強化します
~建築基準法の告示を改正し、平成31年1月15日から適用~
平成26年2月の関東甲信地方を中心とした大雪は、直後に雨が降ったことにより、体育館等の勾配の緩い大きな屋根の崩落などの被害が発生しました。
これを受け、一定規模以上の緩勾配屋根については、積雪後に雨が降ることも考慮して建築基準法における積雪荷重を強化することとし、平成30年1月15日に改正告示を公布されます。

詳細は下記国交省HPリンクよりご確認ください。


◎詳細はこちら(国交省HP)


×