建築士事務所登録

新規登録

正・副本を用意してください。

建築士事務所登録手数料改定のお知らせ

京都府手数料徴収条例施行規則の一部が改正され、建築士事務所登録手数料が以下のとおり改定されました。
令和元年10月1日以降の申請受付分より手数料が以下の通りとなります。

改訂前 改訂後
一級建築士事務所登録手数料 15,000円 15,300円
二級又は木造建築士事務所登録手数料 10,000円 10,200円

手数料改定直前は、混雑が予想されます。更新登録をされる皆様方におかれましては、早めの手続きをお願いいたします。
更新の申請は、登録満了日の3ヶ月前より受付をしております。

なお、詳細は京都府HPをご参照ください。
HP:http://www.pref.kyoto.jp/kenchiku/tesuuryoukaitei.html

12月1日付けで成年被後見人適正化法が施行させることとなっており、本施行に伴い建築士法施工規則が改正されます。
本改正において、建築士事務所登録の誓約書様式が一部改正されておりますので、ご覧下さい。
12月1日以降申請の建築士事務所の新規申請・更新申請は、新しい書式の誓約書の提出が必要です。

個人事務所

必要書類
申請書一式 PDF PDF Word Word 書き方見本
建築士免許(写し) 管理建築士を含む全員分の建築士免許のコピー(設備設計・構造設計一級含む)
管理建築士講習修了証(写し) 定期講習ではありませんのでご注意ください。
更新案内申請書(希望者のみ PDF PDF Word Word 書き方見本
費用(1,000円)は5年後の更新時にお支払いいただきますので
現時点での入金は不要です。
管理建築士になる方の退職証明
提出が必要な方のみ
以下のどれかに該当する方は提出が必要です。
・管理建築士が前の職を辞めてから6ヶ月以内の時には、退職証明が必要です。(書き方見本
・建築士事務所を(廃業届の提出で)廃業し、6ヶ月以内の方は、登録抹消通知(写し)が必要です。
・建築士事務所の登録が期間満了で取り消されて6ヶ月以内の方は、登録抹消通知(写し)が必要です。
手数料 登録手数料 一級 ¥15,300 現金(窓口受付のみ)または
振込み(窓口・郵送受付どちらでも可)
振込み証明書を提出してください。

副本の返却を窓口でされる方は600円の納金は不要です。
登録及び郵送手数料はまとめてお支払いいただけます。
二級・木造 ¥10,200
副本返却郵送手数料
(希望者のみ)
返信用封筒の提出は不可です。
必ず現金またはお振込みください。
¥600

法人事務所

必要書類
申請書一式 PDF PDF Word Word 書き方見本
建築士免許(写し) 管理建築士を含む全員分の建築士免許のコピー(設備設計・構造設計一級含む)
管理建築士講習修了証(写し) 定期講習ではありませんのでご注意ください。
定款(写し) 原本証明をしてください。
(「この定款は現行のものに相違ありません。」法人名、代表者の役職名+氏名、日付、代表印)
法人登記(履歴事項全部証明) 正本→原本をつけてください。
副本→コピーで結構です。
※3ヶ月以内発行のものを提出してください。
更新案内申請書(希望者のみ PDF PDF Word Word 書き方見本
費用(1,000円)は5年後の更新時にお支払いいただきますので
現時点での入金は不要です。
管理建築士になる方の退職証明
提出が必要な方のみ
以下のどれかに該当する方は提出が必要です。
・管理建築士が前の職を辞めてから6ヶ月以内の時には、退職証明が必要です。(書き方見本
・建築士事務所を(廃業届の提出で)廃業し、6ヶ月以内の方は、登録抹消通知(写し)が必要です。
・建築士事務所の登録が期間満了で取り消されて6ヶ月以内の方は、登録抹消通知(写し)が必要です。
手数料 登録手数料 一級 ¥15,300 現金(窓口受付のみ)または
振込み(窓口・郵送受付どちらでも可)
振込み証明書を提出してください。

副本の返却を窓口でされる方は600円の納金は不要です。
登録及び郵送手数料はまとめてお支払いいただけます。
二級・木造 ¥10,200
副本返却郵送手数料
(希望者のみ)
返信用封筒の提出は不可です。
必ず現金またはお振込みください。
¥600

×